WordPressのテーマに最適、初心者におすすめの無料テーマ

WordPressのテーマを選ぶなら、国産テーマが使いやすい

WordPressを使ってホームページを作ろうと思った時に、まず最初に考えるのがテーマ選びではないでしょうか。
WordPressのテーマとは、簡単に言うとテンプレートのようなもので、全体のレイアウト、デザインを意味します。

毎年WordPressの公式テーマが発表されるので、それを使うと安心なのですが、悲しいことに、あまり見た目上の使い勝手が良くありません。

では、どのテーマなら良いでしょうか。

WordPressのテーマは、公式だけでなく世界中で開発されていて、たくさんの中から選べますが、実は英語で作られたテーマを単純に日本語に置き換えただけでは、違和感が出てしまうことが多いです。

それは、文字数も少なく、シンプルなアルファベットを連ねた英語と、ひらがなやカタカナが混在する上に複雑な漢字が入るため、見栄えが大きく異なる日本語との違いが大きいです。

高機能なテーマであっても、日本語を入れた途端に微妙にダサくなってしまうことはよくあることです。
以下は参考例です。

英語と日本語で見るデザインイメージの違い
参考サイト:https://nudgethemes.com/

普段あまりデザインに見慣れていない人は、一見わからないかもしれませんが、特徴的な欧文フォントが使われています。デザイン上目立つ位置にあるにも関わらず該当する日本語のフォントが存在しないため、別のフォントに置き換わっていて、全体の雰囲気が少し変わってしまっているのです。

実際に使ってみると海外のテーマでも使いやすいものもあるのですが、どのテーマが良いかわからない場合は、おしゃれな外国語が印象的なサイトより、国産のテーマの方が比較的使いやすいです。

初心者向け無料のWordPressテーマおすすめ

BizVektor

ブログやアフィリエイトのように読ませるサイトではなく、トップページでコーポレートサイトなど情報を網羅させる必要があるサイトを作るなら、ここは手軽で簡単です。
https://bizvektor.com/
デモページ:http://sample.bizvektor.com/

BizVektorサンプル


BizVektorサンプル


※赤いヘッダーページの画像は実際にインストールした固定ページで、ログイン中のプレビューです。

BizVektorのメリット

無料なのに、コーポレートサイトに欲しい要素がほとんど含まれています。

  1. ヘッダーに電話番号を入れやすい
    • この設定は、すぐに反応が欲しい中小企業等に必須です。ヘッダーはとても重要な場所なので、解説付きで初心者がカスタマイズしやすくなっているのは、素晴らしいです。
  2. スライダーを簡単に設置できる
    • スライダーとは、画像を何枚か切り替えながら表示するもので、情報を多く伝えられるので、多くのサイトに入っています。
  3. 最新の投稿ページを表示させつつ、任意の情報を入れるスペースが用意されている
    • ここも重要な場所なので、自由に情報を入れられるのはとても嬉しいです。ただこのような設定はPHPやHTMLの知識が必要になるので初心者には難しく、無料のテーマにはあまり無い、親切設計といえます。
  4. 3つ項目を入れるスペースが用意されている
    • 見せたい情報を入れられるという本来の目的のほか、レイアウト上、メリハリとなっています。
  5. 投稿ページの 「お知らせ」が「ブログ」カテゴリーと別に表示するように設定されている
    • 技術的な話になってしまうのですが、投稿ページをカテゴリー別に表示させることは初心者には難しいです。また必須でもないため多くのテーマには実装されていない、とても丁寧な設定と言えます。きちんと運営すれば必要だったと気がつく設定かもしれません。
  6. パンくずリストがある
    • パンくずリストとは、トップページからのページ遷移を表します。情報が多くなってくると必要になる要素です。
  7. テキストを入れるだけでバナー等が設置できる
    • 他のテーマにはあまり無い設定ですが、テキストだけでテンプレート状のブロックが出来、決まったバナーが予め用意されています。
  8. 専門の会社が開発したものなので、おそらくデザイナーが制作していると思われ、デザインが美しい

その他、たくさんの機能が用意されています。

BizVektorのデメリット

これほど機能がたくさん作り込まれているため、あまりデザインの自由度が高くないということがデメリットとなります。例えばフォントは小さい方がカッコよくキレイにまとまりやすいのですが、高齢者のユーザーを見込んだサイトであれば、フォントを大きくする必要があります。実際に私はこのテーマを使ってサイトを作った時に「フォントを大きくして欲しい」と言われて大きくしましたが、やはり少し無理がありました。
ブラウザ上でフォントを120%大きくしたイメージが右の画像です。

全体的に少し窮屈になってしまうことがわかります。
また、自由度が高くないということは、どうしてもどこかで見たサイトになってしまうということでもあります。

Simplicity

こちらのテーマはブログ向きでしょう。現在、多くのサイトで利用されています。
https://wp-simplicity.com/※デモページも同じ

Simplicityのメリット

無料なのに、わからないことがあったら、履歴を見たり質問が出来たりするサポートフォーラムがあるのが素晴らしいです。開発者のわいひらさんにはただ脱帽するしかありません。
そして特に良いと思う部分がスマホでの表示です。(PCでの表示は上にあります。)

ここです。赤枠で囲ったのですが、固定でフッターにボタンを表示させることができるのです。無料なのに!!ここを設定するのが、かなり手間だろうなぁと思ってしまう私には、無料ブログ用テーマで一押しのテーマになります。この機能を実装しているサイトは少なく、有料テーマでもあまり見たことがありません。価格帯では2万円〜3万円のテーマで見つけたくらいです。
シンプルで高機能なので、このテーマは無料ブログテーマではトップクラスで利用されています。さてまとめてみますと。

  1. 履歴を見たり質問が出来たりするサポートフォーラムがある
  2. スマホ表示が高機能
  3. シンプルなので使いやすいレイアウト
  4. デフォルトでSNSのリンクを張れる
  5. 常に更新されている(無料のテーマでは更新されないものも多いため)
  6. SEO施策、フェイスブック対応などが高機能

無料でここまで機能があるテーマはそれほど多くありません。

Simplicityのデメリット

もちろん、いいところだらけなのですが、やはり個人的に気になることがあります。開発者の方はデザイナーではないため、デザインにこだわりがある場合は小まめにCSS(全体のレイアウトや色などを設定します。)をいじる必要があるところです。これって、本当に、デザインを重視しなければ、どうでも良いことなのですが。「おしゃれなサイトにしたいの!」と考える初心者の方には不向きなテーマと言えます。

初心者向きWordPressテーマのまとめ

デザインを重視しなければ、無料のWordPressテーマで良いです。個人的に上記の二択となっておりますが、また良いテーマを見つけたら更新しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です